本田昌毅

うつの改善は自宅でも十分できます。

本田昌毅01


うつを改善するためには、病院に通い、カウンセリングをうけて、とにかく休養しなくてはならない。
そして、ずっと薬を飲み続けないといけない。

そんな風に考えていませんか?

じつは病院に通うことなく、自宅にいるちょっとした時間を使って、うつを改善するプログラムがあるんです!

TVや雑誌でも有名な精神科医、本田昌毅先生は、
「うつを自宅で改善することは可能だ。」と言っています。

本田先生の「うつ改善総合プログラム」では10種類以上の療法が準備されています。
それぞれは、ほんの数分でできるものばかりです。
この中からアナタの症状をやわらげる療法を見つけ、実行するだけで、だんだん元気になっていくのを実感できるでしょう。

本田昌毅02



さらに驚きなのは、うつを改善するためのこのプログラムで、
うつと併発しやすい、パニック障害や対人恐怖症などのさまざまな恐怖症まで防ぐことができるのだとか。

でも、かなりのボリュームだし、なんだか専門的で難しいやり方なのかもと正直思いましたが、
子どもでもできるような簡単な方法なんです。
それに、ついつい真面目に、完璧にやろうとしがちな人のために
「気楽に、適当にやってください。」
というありがたいアドバイスもあります。

しかもこのプログラム、180日間の全額返金保証がついています。
180日間という長い期間が、うつという病気への理解を感じます。
完璧主義になることなく、ゆったりと取り組んでほしいという本田先生のあたたかい気持ちだと思います。
またプログラムの内容に自信があるからこその全額返金保証だと思います。

お金のリスクがまったくなく、試せるのはうれしいですね。

まだ自称カウンセラーやセラピストの話や本、教材を信用してるんですか?

うつの治療で、心理カウンセラーやセラピストといった人たちからカウンセリングをうける人たちも多いです。
ですが、じつはカウンセラーやセラピストというのは、特別な資格ではなく、民間レベルの資格です。
国家資格でもない、心理カウンセラーやセラピストの言うことを信じるのはやめてください。
 ”うつ”とひとくくりにされますが、人それぞれ原因も症状も違うし、性格も環境も違います。
 それなのにまだカウンセラーやセラピストの話をまだ聞きますか?

また多くの精神科医も、たった1つか2つの療法しか行いません。
くり返しになりますが、うつといっても、人によって原因も症状も違うのです。
それなのに少ない療法では、治るものも治りませんよね。

うつの人の中には、もう何年間も症状に悩んでいる人もいれば、ちょっとしたことで症状が治まってしまう
人もいます。
これは、ほとんどすべての医師、カウンセラー、セラピストが少ない手数で治そうとするからだと
考えられます。
本田先生のプログラムは10種類以上の療法が準備されています。

本田昌毅03


この中から、アナタにあう療法を選べばいいだけです。
選び方も説明されているので大丈夫ですよ。

これ以上ないくらい具体的に説明されてます。

ちょっと人より真面目だったり、完璧主義の傾向が強いので、まわりから
「がんばりすぎるなよ。」
「人のことを気にするな。」
「リラックスしないと。」
などと言われますよね。
医師や看護師の人たちまで、使うコトバです。
でも、そのやり方がわからないから、がんばりすぎてしまうし、まわりが気になるし、リラックスできないんですよね。
できてたらうつになってないですよね。
でも大丈夫です。
本田先生のプログラムは、そのレベルから具体的な方法が示されてます。
あせらず、ゆっくり進んでいきましょう。
公式ページでは、どんなプログラムがあるのか、簡単に説明されてます。
のんびり目を通してみませんか?

本田昌毅医師の主な経歴

1970年生まれ。宮城県出身。1997年、昭和大学医学部卒業。同年、東北大学医学部附属病院精神神経科入局。
神奈川美容外科クリニック勤務、尾花沢病院の精神科医長を経て2005年本田六本木クリニックを開設。
主に企業で働く人たちのうつ病の予防をかかげ、全国のあらゆる企業に対して、
企業メンタルマネージャー専門として活躍中。厚生労働省指定、精神保健指定医、日本医師会認定、産業医。
東北大学の精神科医局時代に自分自身もうつ状態になってしまい、気分転換もかねて美容整形外科にも勤務するように
なる。
コンプレックスを克服する様子を目の当たりにして、自分も立ち直るきっかけに。
その後男性器専門クリニック、女性器専門クリニックをそれぞれ経営するようになる。
元横綱の朝青龍の主治医だったことでも有名で、スポーツ選手のメンタルトレーニングにも精通している。
現在は、東京六本木の本田メンタルクリニックの院長。
その他本田ヒルズタワークリニックを全国、中国に展開中。
日本テレビ「スッキリ!!」、TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」、「アッコにおまかせ!!」、テレビ朝日「大胆
MAP」、TV東京「レディス4」など多くのTV出演がある。

著書に「“うつ”の夜明け―精神科医からあなたへ」(文芸社)、「朝青龍から笑顔が消えた本当の理由」(双葉社)
「女性器革命」(幻冬舎)がある。

 

サイトマップ

日本有線大賞